筋トレの効果を得る

筋トレの超回復について

筋トレ,効果

 

超回復という言葉を聞いた事のある人は少ないと思います。超回復とは、筋トレ後に24〜48時間くらいの休息を取ることによって起こる現象で、トレーニング前と比べて筋肉の総量が増加します。 具体的には筋トレを行うことによって筋肉は破壊され、24〜48時間かけて休息する事で筋肉は徐々に修復され、一度減少したはずの筋肉がトレーニング前よりも増加します。

 

つまり、トレーニングを連続して行うよりも、超回復が起きてから次のトレーニングを行う方が筋肉が増加しやすいのです。そして、超回復が起きたら出来るだけ時間を置かずにトレーニングするのが一番筋肉がつきやすいです。

 

また、休息時に大切にしないといけない事は栄養をしっかり摂ることです。どのような栄養を摂ると良いのかというと、タンパク質や糖質、ビタミンです。特にタンパク質は重要で、筋肉の元になるので積極的に摂取した方が良いです。

 

食材としては肉類や大豆食品などにタンパク質が多く含まれています。これらの栄養素を摂取すると良いタイミングはトレーニングの前後と言われています。

食べてからすぐの筋トレは正しいか?

筋トレ,効果

 

食べてすぐに筋トレや運動を行うことが良いのかどうか、自信の無い方もいるのではないでしょうか?そこで、今回は食べてすぐに筋トレは有効か?、またはその際の食事は何がいいのか?についてを書いていきます。

 

食べてすぐに動くのは有効か?

先に結論を言えば、有効ではありません。何故かと言えば消化に悪く体調を崩す可能性があるからです。さらに勿論ですが、空腹時は論外です。

 

ならば食べてからどの位時間を置けばいいのか?

これは食べた物により変わります。パンやお米などは比較的早く、ビフテキなどの肉類は多少の時間がかかりますので少なくとも1時間から2時間は空かせたいです。

 

筋トレに適さない時間と適した時間は?

今度は一番効果的な時間帯とそうでない時間帯についてです。まずは適さない時間についてですが、食後と空腹時です。その理由ですが、食後は上記で述べた通り消化に良くないからで、空腹時は血糖値が低下してエネルギー不足になるため、せっかく鍛えた筋肉を分解しエネルギーにしてしまうからです。

 

また、寝る直前の筋トレも控えた方が良いです。理由は、寝る直前に筋トレをしてしまうと身体が興奮して交感神経が働てしまい、なかなか寝付けなくなります。睡眠が浅いと筋肉の成長に必要なホルモンが十分に分泌されないため、筋トレの効果が薄まります。

 

結論としては、食後直ぐの筋トレは正しくなく、食後一時間から二時間後が一番効果が出るという事です。

ウエイトトレーニングについて

筋トレ,効果

 

ウエイトトレーニングとは、バーベルやダンベルを使って筋肉のサイズをアップしたり、筋力をアップさせる事を目標にして行う事です。ウエイトトレーニングのメリットは、始めやすく効果が出やすい所です。バーベルやダンベルを持ち上げる際、自分の体重を使って一気に持ち上げないと持ち上がりません。

 

最初は軽い重りから始めて、身体が慣れてきたら少しずつ重くしていきます。

 

また、ウエイトトレーニングは様々な筋トレに対応しています。筋トレで使用するバーベル等は、1つのバーベルで沢山の種類の筋トレを行う事が出来ます。そのため、様々な部位を鍛えられますし、鍛えたい部位をピンポイントで鍛える事も出来ます。

 

ウエイトトレーニングは、1つの動作に対して多くの筋肉や関節を使用するため、効率よくいろんな部位を鍛えることができます。

 

筋トレマシンを使う時は身体が固定されていない状態で行うため筋肉や関節を痛める場合があるので注意が必要です。それに対して、バーベル等を使う場合は身体が固定されるため比較的安全です。

スリムゼウス加圧シャツの通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページでスリムゼウス加圧シャツについても確認してみてください。